MENU

エントリーフォーム動作不良について(お詫び)

現在募集中の「ちびっこ山賊 Challenge」のエントリーフォームにつきまして、特定の環境からのエントリーができない症状が発生していたことが判明いたしました。

<対象となる環境>
PC・スマホを問わず、Google Chromeブラウザ

<問題の動作>
記入内容に問題がない場合のみ、「申込」ボタンを押下後、エントリー完了の画面に進まない(申込ボタンが反応しない状況)

なお、7/20 23:00に原因を特定の上、動作に支障がないことを確認いたしております。エントリーフォームで正常に受付が完了すると「受付完了ページ」が表示されます。申し込みを行った際に「受付完了ぺージ」が表示されていない場合には、エントリー完了となりませんのでご注意ください(再度エントリーをお願いいたします)

また本事象によるお客様の個人情報の流出等の影響はございません。

ご不便をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。

事業コンセプト

1.とやま型 児童教育システムの普及発展
2.野外活動で深める「親子の絆」

富山の豊かな自然環境を生かし、子供たちの「生きる力」の育成の支援と、野外活動での非日常体験を通し「親子の絆」を深め、子と伴に親も成長する機会の提供支援。

遊育(ゆういく)とは?

遊ぶ ⇒ 好奇心・探究心・創造力等の楽しみが原動力となり心を満たす行為
育つ ⇒ 成長と同意。鍛え力をつける。

当会では、「遊育」という言葉を、

好奇心や探究心を満たす為の様々な体験を通し、運動能力や知的能力に加え協調性(コミュニケーション力)の発達・成長 と、定義付けています。

理念

人工的に造られたデジタル環境から抜け、富山の豊かな自然を生かした遊育環境の提供・支援。

そこで経験する様々な非日常体験のなかで、コミュニケーション力・創造力の発達や表現力や自主性の向上・意欲心等、人生に不可欠な資質の発達・成長から「生きる力」を備え、たくましく心豊かな人間の育成を目的としています。

また、親と子の関係についてはデジタルデバイスの普及に伴い、そうした機器に過度に依存する子どもが増加し、親子間のコミュニケーション不足が懸念されております。

デジタル環境から抜け、野外活動を通し「親子の絆」を深める事を目標にしています。

※文部科学省の新学習指導要領に、子供たちの「生きる力を育てるという基本的な考え方があります。